《母なる大地》(読み)ははなるだいち

世界大百科事典内の《母なる大地》の言及

【ゴールドマン】より

…弁舌にすぐれ,アメリカ・アナーキズム運動を盛り立てた。ロシア生れの同志バークマンAlexander Berkman(1870‐1936)とともに《母なる大地Mother Earth》誌(1906‐17)を編集・刊行,その他著作,講演活動により自由恋愛,産児制限,労働問題などの社会問題のほか,文芸,特に演劇についても論じ,広い反響を呼んだ。1917年反戦活動のために2年の刑に処せられ,19年にはバークマンとともに国外追放され,ロシアに送還された。…

※「《母なる大地》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android