コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《江戸ハルマ》 えどはるま

世界大百科事典内の《江戸ハルマ》の言及

【稲村三伯】より

…名は箭,字は白羽,三伯は号。江戸に出て大槻玄沢に学び,日本最初の蘭和辞典の編述を志し,ハルマの蘭仏辞典を基として,1796年(寛政8)《ハルマ和解(わげ)》(江戸ハルマ)を完成した。のち下総国海上郡に隠棲し,海上随鷗(うながみずいおう)と改名。…

【ハルマ和解】より

…蘭学界に与えた影響は大きい。のちH.ドゥーフ(ズーフ)の指導で作られた《ドゥーフ・ハルマ》を《長崎ハルマ》と称したのに対して,これは《江戸ハルマ》と称された。【片桐 一男】。…

※「《江戸ハルマ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《江戸ハルマ》の関連キーワード日本の医学史(年表)江戸ハルマハルマ和解ハルマ辞書波留麻和解中井厚沢和蘭字彙稲村三伯石井庄助

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android