コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《海の幸》 うみのさち

世界大百科事典内の《海の幸》の言及

【青木繁】より

…1903年第8回白馬会展に,《古事記》に取材した《黄泉比良坂(よもつひらさか)》などを出品し,第1回白馬会賞を受賞。04年東京美術学校を卒業,この年の夏,森田恒友,坂本繁二郎,福田たねらと千葉県布良(めら)海岸に写生旅行し,モネの影響を思わせる数点の海景と,青木繁の代表作となったばかりでなく,明治ロマン主義絵画の絶頂ともいえる《海の幸》を制作した。またこの年には日本古代に想を得た《享楽》《天平時代》などラファエル前派の影響が色濃い幻想的な秀作も描かれ,青木の生涯で最も豊饒な年となった。…

※「《海の幸》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《海の幸》の関連キーワード青木繁(1882~1911)わだつみのいろこの宮からすみ(菓子)スモーガスボード伊勢志摩国立公園スプラトゥーン志摩観光ホテル網走湖畔温泉渡辺 喜恵子イタリア料理虎杖浜たらこ大綿津見神石橋美術館渡辺喜恵子早岐瀬戸リーブリ高橋忠之青木 繁葛城ユキ取合せる

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android