《王子の行列》(読み)おうじのぎょうれつ

世界大百科事典内の《王子の行列》の言及

【ロセッティ】より

…その詩は初期の甘美な詩から,愛の別れ,帰らぬ青春,死をうたい現実の空しさをこえて,永遠の安息を模索する神秘的宗教詩へ高まってゆく。《妖精の市》(1862)は純真な少女の誘惑と信仰の葛藤を描き,このテーマは《王子の行列》(1866)にも生きているが,繊細で哀切な感情の抒情詩こそ,彼女の変わらぬ特質であった。【松浦 暢】。…

※「《王子の行列》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android