コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《甘藷》 かんしょ

世界大百科事典内の《甘藷》の言及

【金東仁】より

…言文一致を一歩進めた個性的な文章,簡潔な叙述と単一な構成,作中人物の個性的な性格創造により,朝鮮における近代的短編小説の確立者とされる。性と金銭に溺れ道徳的に破滅して死にいたるヒロインを描く《甘藷》(1925)はその代表作。彼はしばしばこうした衝撃的題材を好み,《狂炎ソナタ》《狂画師》《大首陽》なども反良識,反常識の挑戦的作品だが,思想的奥行に欠け《金実伝》では暴露趣味に堕している。…

※「《甘藷》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《甘藷》の関連キーワード千葉県山武郡九十九里町不動堂千葉県千葉市花見川区幕張町千葉県千葉市花見川区長崎県平戸市川内町舟和の芋ようかん原田三郎右衛門大和田 熊太郎蕃藷考・蕃薯考井戸平左衛門赤沢 仁兵衛穴沢 松五郎前田利右衛門大瀬休左衛門大和田熊太郎八重山カズラ下見吉十郎上浦[町]小石川薬園赤沢仁兵衛サツマイモ

《甘藷》の関連情報