コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《異邦人》 いほうじん

世界大百科事典内の《異邦人》の言及

【カミュ】より

…1938年,アルジェの新聞の記者となり,植民地行政を批判する多数の記事を書くが,ほどなく第2次世界大戦が勃発。こうした時期に書き進められたのが,一躍作家としてのカミュの地位を決定的にした小説《異邦人L’étranger》(1942),哲学的エッセー《シジフォスの神話Le mythe de Sisyphe》(1942)である。《異邦人》は理由なき殺人を犯して死刑の判決を受ける男を主人公に,〈不条理〉の思想を表明した作品であり,《シジフォスの神話》はそれを哲学的に解明しようとしたものである。…

※「《異邦人》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《異邦人》の関連キーワードミランダ(Francisco Sá de Miranda、ポルトガルの詩人)ハワード・フィリップス ラブクラフトイグナティオス[アンティオキアの]ウイリアム・M.P. マクフィーロイド(Jr.) ビッグルジェイムズ・M. ケインイグナティウスデロヨライヴァン ツァンカルシーシュポスの神話アルベール カミュサ・デ・ミランダバルナバの手紙マストロヤンニモンテスキューソロモンの詩篇ツァンカルキュビリエウェールズ広津 和郎シャンマイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android