コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《看聞御記》 かんもんぎょき

世界大百科事典内の《看聞御記》の言及

【看聞日記】より

…自筆の原本全44巻(うち第1巻は書状の包紙などを収む)が宮内庁書陵部に伝存する。書名は貞成親王自身の命名したもので,正しい書名であるが,ふつうは《看聞御記(かんもんぎよき)》の名でしられてきている。〈看聞〉とは,文字どおりに〈見たり聞いたりしたこと〉の意味であるが,政界深奥部の極秘事から巷間の風聞にいたるまでの豊富な話題が記されており,当代の歴史研究に不可欠である。…

※「《看聞御記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《看聞御記》の関連キーワード手替わり・手代わり・手替り・手代り後崇光太上天皇威高・居高粟田口隆光枕草子絵巻こきりこ踊こきりこ羽根突き灯籠人形土岐康政交名注文楠木光正貞成親王羽根つき看聞日記ほほめくいけ花盆踊り引合せごぜ唄