《秀吉事記》(読み)ひでよしじき

世界大百科事典内の《秀吉事記》の言及

【大村由己】より

…摂津中島天満宮の神官であったが,禅・外典の学を修め歌道を巧みにしたことから,その学殖を買われて秀吉に近侍し,山科言経,藤原惺窩ら当時第一流の文化人と親交を結んだ。代表的著作は,秀吉の功業を記した《天正記》(《秀吉事記》)であり,このうち《播磨別所記》《惟任(これとう)謀反記》などの8種が現存する。また,新作能の詞章として《高野参詣》などがある。…

※「《秀吉事記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android