コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《稲妻》 いなずま

世界大百科事典内の《稲妻》の言及

【成瀬巳喜男】より

…同期の小津安二郎ほどの厳密さはないが,固定画面を多用し,日本建築の廊下や縁側にたたずむ人物たちから抑制の利いた抒情性を引き出したその空間感覚によって世界的に評価されるに至る。《妻よ薔薇のやうに》(1935)での女性像(千葉早智子)の鮮やかさは,《鶴八鶴次郎》(1938)の山田五十鈴,《めし》(1951)の原節子などにうけつがれ,《稲妻》(1952)に始まる高峰秀子とのコンビを決定的なものにする。林芙美子原作の《浮雲》(1955。…

※「《稲妻》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《稲妻》の関連キーワードミッチェル ウィルソン稲妻(いなづま)阿武松緑之助フランクリンライトニングとらじろうラムラム山駄駄羅大尽稲妻折れ釘稲妻まどか成瀬巳喜男オーブルー雷鳴と電光サンダー電光朝露ひかめく電光石火エクレア稲妻・電稲妻模様

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android