コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《芸藩通志》 げいはんつうし

世界大百科事典内の《芸藩通志》の言及

【頼杏坪】より

…85年(天明5)春水に続いて広島藩に儒官として召し抱えられ,兄を補佐した。官吏として有能で,1811年(文化8)納戸奉行に転じ,以後は民政担当の役人として藩政に尽くし,また159巻に及ぶ広島藩の地誌《芸藩通志》の編纂にあたった。著書に《春草堂詩鈔》などがある。…

※「《芸藩通志》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《芸藩通志》の関連キーワード浅野斉賢加藤棕廬中川墨湖河原南汀頼采真頼杏坪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android