《葦毛の牡馬》(読み)あしげのおすうま

世界大百科事典内の《葦毛の牡馬》の言及

【ジェファーズ】より

…1914年以後,妻とともにカリフォルニア州の海岸の,荒涼とした岩地に隠棲し,粗野で冷酷な力に満ちた自然への畏敬と,そのなかの唯一の汚点である人間,その病的な内向性への敵意とを,息の長い男性的な物語詩や緊迫した抒情詩の形でうたった。《葦毛の牡馬Roan Stallion》(1925)など多くの詩集のほか,評判を呼んだギリシア悲劇の翻案数編がある。【川本 皓嗣】。…

※「《葦毛の牡馬》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android