《虎のフアン》(読み)とらのふあん

世界大百科事典内の《虎のフアン》の言及

【ペレス・デ・アヤラ】より

…小説は辛辣なユーモアと心理描写が本領で,信仰と理性の問題を象徴的に描いた《ベラルミーノとアポローニオ》(1921)が代表的作品。ほかに,〈ドン・フアン〉の新解釈といえる《虎のフアン》(1926)とその続編《汚辱を癒(いや)すもぐり医者》(1926)などもすぐれた心理小説である。【志賀 一郎】。…

※「《虎のフアン》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android