コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《観音岩》 かんのんいわ

世界大百科事典内の《観音岩》の言及

【川上眉山】より

…その後紅葉らから離れて《文学界》同人に近づき,樋口一葉とも知ったが,作風にも変化を見せ95年の《書記官》《うらおもて》などで観念小説の代表者と見られた。明治30年代には,紀行《ふところ日記》のほか,地方農村の封建性にふれた大作《観音岩》その他があり,のち自然主義的傾向も見せたが,1908年6月自殺。【岡 保生】。…

※「《観音岩》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《観音岩》の関連キーワード島根県隠岐郡西ノ島町浦郷高知県幡多郡大月町柏島一の沢洞窟川上 眉山塩谷[町]日向洞窟川上眉山大堂海岸仏ヶ浦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android