《読書雑誌》(読み)どくしょざっし

世界大百科事典内の《読書雑誌》の言及

【社会史論戦】より

…1927年の中国革命挫折は知識人に深い失望をもたらすと同時に,中国社会の現状をどう規定するか,中国革命の性格,対象,原動力,前途はどうか,いかに中国史を時代区分するか,についての論争を呼び起こした。論争はおもに《新思潮》(潘東周,王学文――中共派),《動力》(厳霊峰,任曙――トロツキー派),《新生命》(陶希聖),《前進》(陳公博),《新月》(胡適)などの雑誌上で行われ,《読書雑誌》(王礼錫,胡秋原)が4回も〈社会史論戦特集号〉(1931‐33)を出して最高潮に達するが,福建人民政府事変による同誌の廃刊で中断,のちに農村社会性質論戦として再燃する。アヘン戦争後の中国社会を《新思潮》派は帝国主義侵略下の半植民地・半封建社会としたのに対し,《動力》派はすでに資本主義社会であるとみた。…

※「《読書雑誌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android