コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《赤い花》 あかいはな

世界大百科事典内の《赤い花》の言及

【ガルシン】より

…残された作品は短編ばかりで,20編ほど。精神病院の庭に咲いている赤い罌粟(けし)の花をこの世の悪の源と思いこんで,その花を次々ともぎとって押しつぶし,憔悴(しようすい)しきって,しかし晴れやかな顔をして死んでいく精神病患者の話《赤い花》(1883),2人の線路番の犠牲的精神と悔い改めを描く《信号》(1887)などがある。その間に徐々に心の病におかされ,発作の際に4階の階段から身を投げ,若くして自らの生命を絶った。…

※「《赤い花》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《赤い花》の関連キーワードオーパンバル〈オペラ座舞踏会〉ヒガンバナ(彼岸花)ルコウソウ(縷紅草)ピアニーパープル万緑叢中紅一点サルビアブループルキニェ現象丹沢のさくら漬コウゾ(楮)摩訶曼珠沙華ハイビスカスポピーレッドコロンタイマネッチアアカマンマフサザクラ丹花の唇ハナノキぱらぱらガルシン

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android