コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《赤とんぼ》(童謡) あかとんぼ

世界大百科事典内の《赤とんぼ》(童謡)の言及

【山田耕筰】より

…しかし同年9月近衛秀麿ら多くの主要な団員が脱退したために再度挫折せざるをえなかった。27年から自作の《童謡百曲集》を出版,この中に《赤とんぼ》《からたちの花》《この道》《あわて床屋》など彼の有名な童謡の多くが収録されている。 30年代以降,山田の音楽的関心はおもにオペラと映画音楽に向けられる。…

※「《赤とんぼ》(童謡)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android