《道中亀山噺》(読み)どうちゅうかめやまばなし

世界大百科事典内の《道中亀山噺》の言及

【亀山の仇討物】より

…1702年竹本座初演。近松門左衛門作という説がある),近松半二作《道中亀山噺》(8段。1778年7月北西の芝居初演),司馬芝叟作《敵討優曇華亀山(かたきうちうきぎのかめやま)》(1794年10月竹本岡太夫座初演),江戸では三冬庵自在作《往昔模様亀山染(むかしもようかめやまぞめ)》(11段。…

※「《道中亀山噺》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android