《雲上聞録》(読み)うんじょうもんろく

世界大百科事典内の《雲上聞録》の言及

【簾中抄】より

…公家の日常生活に必要な事項について要点を記した一種の百科事典。《雲上聞録》とも称し,上下2巻より成る。資隆なる人物(藤原か)の編纂で,平安時代末の成立と見られるが,一部に後世の書継ぎがある。…

※「《雲上聞録》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android