《馬伶伝》(読み)ばれいでん

世界大百科事典内の《馬伶伝》の言及

【侯方域】より

…明朝崩壊(1644)のころは南京で正義派青年文化人として阮大鋮(げんだいせい)ら腐敗官僚と争った。その中で出会った聡明な妓女を《李姫伝》に,技芸の上達に苦心する俳優を《馬伶伝》に描くなど,明末知識人の庶民への関心を短編小説的な伝記にあらわして,魏禧(ぎき)らとともに清代初期の散文を飾る。孔尚任《桃花扇伝奇》では主人公として登場する。…

※「《馬伶伝》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android