コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《魏志東夷伝》 ぎしとういでん

世界大百科事典内の《魏志東夷伝》の言及

【三韓】より

…《三国志》魏志の東夷伝はこれら韓族について,最も古くかつ詳細な記録であるが,それによると彼らは3種に分かれ,東方に馬韓余国,西方に辰韓国,辰韓に雑居して弁辰(弁韓ないし弁辰韓ともいう)12国があったというが,これらの国の実体も国数もきわめてあいまいである。《三国志》魏志東夷伝の記述ではこれら3種を統合する最高権力者の君王ともいうべきものは存在せず,各部族は雑居しており,とくに弁辰(弁韓)と辰韓の区別は不明である。また3種と表記しているが,この3種も言語とか習俗とか明確な基準によった分類ではない。…

※「《魏志東夷伝》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《魏志東夷伝》の関連キーワードキムヘ(金海)平野糸島(市)魏志東夷伝耽羅木石苑日朝交渉史五族五部朝鮮文学卑弥呼ゆう婁百済韓族夫余新羅辰韓東盟加羅三韓弁辰沃沮下戸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android