コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《魚玄機》 ぎょげんき

世界大百科事典内の《魚玄機》の言及

【魚玄機】より

…字は幼微。森鷗外の小説《魚玄機》でつとに知られているが,長安の遊里に生まれ,補闕李億の妾に迎えられたものの,正妻の嫉妬に苦しみ咸宜観の女冠(女道士)になった。のち李郢(りえい),温庭筠(おんていいん)ら代表的詩人らと交わり,《唐女郎魚玄機詩》1巻を今に伝える。…

※「《魚玄機》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《魚玄機》の関連キーワード燮理・爕理白面郎卑しむ魚玄機燮理流離沈重鞠問曲尽京師奇貨歌女震う放下薛濤相伴分疏粗大送葬些と

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android