コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《鶯鶯伝》 おうおうでん

世界大百科事典内の《鶯鶯伝》の言及

【元稹】より

…また白居易とともに新楽府運動の中心的存在。詩人としての功績だけではなく,伝奇小説の作家としても知られ,《鶯鶯伝(おうおうでん)》は,元曲の傑作《西廂記》の基づくところとなった。いま《元氏長慶集》60巻が伝わる。…

【董西廂】より

…作者の董解元は金の章宗の時(1190‐1208)の人。唐の元稹(げんしん)の伝奇小説《鶯鶯伝》を題材とし,書生の張珙と崔鶯鶯の恋愛を描くが,《鶯鶯伝》では破局におわる2人の愛情が,めでたく成就するよう話の筋が改められている。のちの元代の演劇である〈雑劇〉の代表作,王実甫の《西廂記》に大きな影響をあたえた。…

※「《鶯鶯伝》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《鶯鶯伝》の関連キーワード西廂記(せいそうき)王実甫鼓子詞西廂記諸宮調董西廂伝奇元稹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android