コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《鶯鶯伝》 おうおうでん

世界大百科事典内の《鶯鶯伝》の言及

【元稹】より

…また白居易とともに新楽府運動の中心的存在。詩人としての功績だけではなく,伝奇小説の作家としても知られ,《鶯鶯伝(おうおうでん)》は,元曲の傑作《西廂記》の基づくところとなった。いま《元氏長慶集》60巻が伝わる。…

【董西廂】より

…作者の董解元は金の章宗の時(1190‐1208)の人。唐の元稹(げんしん)の伝奇小説《鶯鶯伝》を題材とし,書生の張珙と崔鶯鶯の恋愛を描くが,《鶯鶯伝》では破局におわる2人の愛情が,めでたく成就するよう話の筋が改められている。のちの元代の演劇である〈雑劇〉の代表作,王実甫の《西廂記》に大きな影響をあたえた。…

※「《鶯鶯伝》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone