コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《黒蜥蜴》 くろとかげ

世界大百科事典内の《黒蜥蜴》の言及

【広津柳浪】より

…89年硯友社(けんゆうしや)同人に加わり,文筆活動に入る。90年《東京中新聞》に入社して通俗な小説の濫作を強いられる中で,佳作も残し,《変目伝(へめでん)》《黒蜥蜴(くろとかげ)》(ともに1895)等の心身障害者の暗い情念と行動を描いた作品は,深刻小説(悲惨小説)と呼ばれて文壇に一期を画した。その後も《今戸心中》(1896)や《雨》(1902)など,小市民や細民の生活の破滅を描く佳作によって明治30年代の小説界に活躍したが,その後はほとんど筆をとらず引退した。…

※「《黒蜥蜴》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《黒蜥蜴》の関連キーワード明智小五郎の事件簿 黒蜥蜴 江戸川乱歩作「黒蜥蜴」より小川眞由美奈良富士子吉田はるみ木下 双葉小和田貢平小野佳菜恵吉田 史子細川ひさよ明智小五郎久保田芳之広津柳浪麻実れい美輪明宏細川智三由地慶伍髙嶋政宏斉藤和彦吉田史子小林香織

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android