コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Atlas linguistique de la France》 AtlaslinguistiquedelaFrance

世界大百科事典内の《Atlas linguistique de la France》の言及

【言語地理学】より

…ドイツのウェンケルG.Wenker(1852‐1911)に始まり,フランスのJ.ジリエロンによって確立した。これを象徴するのがジリエロンとその助手エドモンE.Edmont(1854‐1926)との共著《フランス言語図巻Atlas linguistique de la France》35巻および補遺(1902‐09,14,20)である。 言語地理学が明らかにしたことは,〈語にはそれぞれの歴史がある〉ということで,語(単語)ごとの境界線(等語線)を引くことはできても,言語の境界線は引けないということである。…

【ジリエロン】より

…くしくもジリエロンと生没年が同じ)によって,フランス全域と周辺のフランス語地域638地点を一定の調査項目について実地に面接調査させ,その結果を1946葉(コルシカ島を含む)の言語地図にして発表した。これが《フランス言語図巻Atlas linguistique de la France》35巻(1902‐14)および補遺1巻(1920)である。〈いなか者〉の武骨さがわざわいして母校内の人間関係はよくなかったし,学界でも新しい分野の開拓者として孤立しがちだった。…

※「《Atlas linguistique de la France》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《Atlas linguistique de la France》の関連キーワード言語地図

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android