コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Book of Changes》 BookofChanges

世界大百科事典内の《Book of Changes》の言及

【易】より

…トカゲがなぜ易と結びつくのかについては,周代の卜筮者集団の標識(トーテム)がトカゲであったからという説(本田済)がある。ちなみに,《易》の英訳名は《Book of Changes》である。《易経》が成立し,その注解(十翼という)が書かれて以後,易は哲学的思弁の対象となり,中国のみならず東アジアの思想史に刺激を与え続けたが,南宋の朱熹が喝破したように《易》は本来卜筮の書なのである。…

※「《Book of Changes》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Book of Changes》の関連キーワード易経

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android