コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Chronique des Pasquier》 ChroniquedesPasquier

世界大百科事典内の《Chronique des Pasquier》の言及

【デュアメル】より

…ゴンクール賞受賞)であり,そこには近代の機械文明,物質万能主義への激しい呪詛が綴られている。反画一主義と穏健なヒューマニズムを基調とする彼の反時代的な人間観と世界観は,連作長編小説《サラバンの生涯と冒険》5巻(1920‐32)では個人の生き方をめぐって,《パスキエ家年代記Chronique des Pasquier》10巻(1933‐45)では一家の転変をめぐって,静かに述べられている。アラゴンらの急進思想になじめぬ苦悩を描いた《パトリス・ペリヨの遍歴》(1950)などにも,温和なヒューマニストとしての彼の面目がうかがわれる。…

※「《Chronique des Pasquier》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《Chronique des Pasquier》の関連キーワードパスキエ家の記録デュアメル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android