コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Corpus Hippocraticum》 CorpusHippocraticum

世界大百科事典内の《Corpus Hippocraticum》の言及

【ヒッポクラテス】より

…彼にはテッサロスとドラコンという2人の医者の息子がいたが,医学者としては女婿のポリュボスがすぐれていた。 現存する70編の《ヒッポクラテス全集Corpus Hippocraticum》は,若干の作を除くと,前3世紀初めプトレマイオス1世治下のアレクサンドリアの学者や図書館員によって編纂されたものである。その土台となったのは前5世紀半ばころから前4世紀半ばころまでの間に成立したヒッポクラテス自身の作と他のコスの医者たちの作を含むコス学派の叢書で,それと相並ぶクニドス学派の作も採られた。…

※「《Corpus Hippocraticum》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

《Corpus Hippocraticum》の関連キーワードヘビアス・コーパス土方 巽コーパスヘルメス文書カノン法大全聖体祭ローマ法大全英語コーパス学会アラタ体枝がわり

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone