コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Cosmographicus liber》 Cosmographicusliber

世界大百科事典内の《Cosmographicus liber》の言及

【アピアヌス】より

…ザクセンのライスニヒで生まれ,ライプチヒ大学で数学を学ぶ。多くの地図,数学書,宇宙誌を著し,天文観測器具を作製したが,ランツフートで刊行された《宇宙誌Cosmographicus liber》(1524)は,1609年にいたるまでほぼ60版を重ね,S.ミュンスターのそれと並びコペルニクス説以前の代表的な宇宙誌とされた。第4版(1527)以降は弟子ヘンマ・フリシウスの編纂で世界地図が加えられている。…

※「《Cosmographicus liber》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Cosmographicus liber》の関連キーワードアピアヌス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android