コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Courant d'Italie et d'Armagne》 CourantdItalieetdArmagne

世界大百科事典内の《Courant d'Italie et d'Armagne》の言及

【ガゼット・ド・フランス】より

…ところが第2次世界大戦後になって,スウェーデンの新聞史研究者ダールらの努力で,《ガゼット》の創刊より4ヵ月半早く,書籍出版業者ジャン・マルタンとルイ・バンドームが週刊紙《Nouvelles ordinaires de divers endroits》を創刊していたことが明らかになった(発見されたのは1631年7月17日付の第27号)。ただしフランス語新聞ということなら,カスパール・ファン・ヒルテンが,マルタンらより早い1618‐20年ごろにオランダで,《Courant d’Italie et d’Armagne》を発行している。【稲葉 三千男】。…

※「《Courant d'Italie et d'Armagne》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Courant d'Italie et d'Armagne》の関連キーワード官板バタヒヤ新聞官板バタビヤ新聞フランクリン官板バタビヤ新聞新聞ヨルダン(Ernst Pascual Jordan)イタリアのハロルドガロクレールノベチェント