コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《De l'auscultation médiate》 Delauscultationmediate

世界大百科事典内の《De l'auscultation médiate》の言及

【ラエネク】より

…これが聴診法の初めであるが,のち木製とし聴診器stéthoscopeと名づけた。これは打診法についで物理的診断法の新生面を開いた著名な業績で,その成果を19年《間接聴診法De l’auscultation médiate》と題して公刊した。聴診器は日本には48年(嘉永1)に導入された。…

※「《De l'auscultation médiate》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《De l'auscultation médiate》の関連キーワードラエネック

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android