《Discours sur l'université de la langue française》(英語表記)Discourssurluniversitedelalanguefrancaise

世界大百科事典内の《Discours sur l'université de la langue française》の言及

【リバロル】より

…またフランス革命後の宮廷側に立ち,政界人を相手どる文書をつづったが,そのため革命勢力に追われ,外国を転々としたのちベルリンで没した。だが彼の名を文学・語学史上にとどめた作といえば何よりもまず,ベルリン・アカデミーの懸賞論文に当選した《フランス語の世界性についてDiscours sur l’université de la langue française》(1784)であろう。隣接諸国語と対比しつつ,〈明晰でないものはフランス(語)的でない〉などの警句を随所に用い,熱気のある文体で自国語の優越を説いたこの著述は,今日では数々の遺漏を指摘されてはいるものの,この時期,西欧圏に君臨したフランス語への賛辞として自国民に誇りを与えるに十分なものであった。…

※「《Discours sur l'université de la langue française》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android