コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Discoverie of Witchcraft》 DiscoverieofWitchcraft

世界大百科事典内の《Discoverie of Witchcraft》の言及

【奇術】より

…奇術が中世の宗教的呪縛から解放されるのはルネサンス以後である。1584年にロンドンで刊行された《妖術の開示Discoverie of Witchcraft》は世界で最初の英語で書かれた奇術解説書であり,当時行われていたおよそ50種類の奇術の簡単な種あかしがつけられている。著者のスコットReginald Scotは,奇術師ではなく,彼の真の目的は悪魔の存在を否定し,魔術と信じられているはなれ業も人間の手で合理的に行いえることを証明することにあった。…

※「《Discoverie of Witchcraft》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone