コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Don Juan Tenorio》 DonJuanTenorio

世界大百科事典内の《Don Juan Tenorio》の言及

【ソリーリャ】より

…民間伝承や歴史に題材を求めた。彼の作品中最も有名なのが《ドン・フアン・テノーリオDon Juan Tenorio》(1844)である。これは,ティルソ・デ・モリーナの《セビリャの色事師と石の招客》や,アントニオ・デ・サモラの《満期にならぬ期限はなし》などを基にしたドン・フアンものであるが,ティルソの作品との最大の違いは,ドン・フアンが煉獄に落ちず,ドニャ・イネスによって救われることである。…

※「《Don Juan Tenorio》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Don Juan Tenorio》の関連キーワードトミドコロARARIスペイン美術中南米映画ドンジュアンバイロン伝ドン・ファンドン・ファンドン・ファンの冒険ドン・ファン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone