コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Industrial Organization in the 16th and 17th Centuries》 IndustrialOrganizationinthe16thand17thCenturies

世界大百科事典内の《Industrial Organization in the 16th and 17th Centuries》の言及

【アンウィン】より

…オックスフォード大学卒業後ドイツに留学し,G.シュモラーの影響をうける。1904年名著《ギルドの解体過程Industrial Organization in the 16th and 17th Centuries》を著し,08年エジンバラ大学講師,10年マンチェスター大学教授としてイギリスの大学で初めて経済史講座を担当した。R.H.トーニー,T.S.アシュトンなどを育て,〈マンチェスター派〉を主導。…

※「《Industrial Organization in the 16th and 17th Centuries》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《Industrial Organization in the 16th and 17th Centuries》の関連キーワードアンウィン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android