コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Kitāb al-Manṣūrī》 KitabalMansuri

世界大百科事典内の《Kitāb al-Manṣūrī》の言及

【アラビア医学】より

ラージー(ラテン名はラーゼス)はイランのレイで生まれ,同地およびバグダードの病院長となり,一代の名医とたたえられた。サーマーン朝のマンスールにささげた《マンスールの書Kitāb al‐Manṣūrī》はアラビア語医書の古典として,そのラテン語訳はヨーロッパにも広がった。該博な知識を傾け,ギリシア,インド,アラブの諸家の説に自己の臨床経験をも加えた病理,治療に関する大著《包含の書》は彼の没後,編集され23巻の大著となった。…

※「《Kitāb al-Manṣūrī》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Kitāb al-Manṣūrī》の関連キーワード数理言語リード(Carol Reed)ジャーヒズトクナガクニハルフォード(John Ford(1895―1973))ACTIONイブン・クタイバクダーママスウーディー京都工芸繊維大学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android