《Le Cid》(英語表記)LeCid

世界大百科事典内の《Le Cid》の言及

【ル・シッド】より

…フランスの劇作家コルネイユの戯曲。5幕韻文悲喜劇。1637年初演。スペインのギリェン・デ・カストロの戯曲《エル・シドの青年時代》を粉本としているが,その冗慢さを除去し,単純明快な筋にし,人物の心理,葛藤を中心に描いて,フランス古典主義演劇への一歩を印した。舞台は11世紀のセビリャ。主人公ロドリーグは恋人シメーヌの父に家門の名誉を汚され,苦悩の末に英雄的な意志力で恋情を克服し,恋人の父を決闘で倒す。一時はシメーヌも仇として彼の死を求めるが,かえって二人の恋は深まり,将来を誓うという筋。…

※「《Le Cid》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android