コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Le confessioni di un italiano》 Leconfessionidiunitaliano

世界大百科事典内の《Le confessioni di un italiano》の言及

【ニエーボ】より

…翌年,義勇軍主計官としてシチリアに遠征,61年3月,同島から大陸への帰途,船が難破してティレニア海に没し,わずか30年の生涯を閉じた。 生前,《イタリアの民衆詩について》(1854),小説《善の天使》《田園短編集》(ともに1856),詩集《蛍》(1858)ほかの作品があるが,文学者としてのニエーボの名声は,ひとえに没後刊行の《あるイタリア人の信条Le confessioni di un italiano》(1867)によっている。1857‐58年に執筆されたこの歴史小説は,80歳の晩年を迎えたあるベネチア人が己の長い人生を物語るという形式をとり,ベネチア共和制の崩壊,政治的奴隷の身の恥辱,祖国のための忍苦と戦い,その復興への信念といった政治情勢をめぐる回想に,若き日の姪への思慕の追憶を交える。…

※「《Le confessioni di un italiano》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Le confessioni di un italiano》の関連キーワードニエーボ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android