コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Maria Chapdelaine》 MariaChapdelaine

世界大百科事典内の《Maria Chapdelaine》の言及

【エモン】より

…イギリスでジャーナリスト生活を送った後,1911年にカナダへ渡り,一冬を北ケベックの開拓地ですごすが,13年夏に鉄道事故で客死。自ら体験した厳しいカナダの自然とそこでの生活を描き込んだ小説《白き処女地Maria Chapdelaine》は死後14年にパリで発表された。後に単行本として広く読まれ,映画化(1934,J.デュビビエ監督)もされ,外国におけるカナダのイメージ形成に寄与した。…

※「《Maria Chapdelaine》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《Maria Chapdelaine》の関連キーワードデュビビエエモン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android