コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《Masālik al-abṣār fī mamālik al-amṣār》とは

《Masālik al-abṣār fī mamālik al-amṣār》 Masalikalabsarfimamalikalamsar

世界大百科事典内の《Masālik al-abṣār fī mamālik al-amṣār》の言及

【百科事典】より

…全体は〈地誌〉〈人間〉〈動物〉〈植物〉〈歴史〉の五つの学芸(ファンヌfann)からなり,それぞれの学芸はさらに細かな章節に分かれている。同じくナーシル時代にエジプト・シリアの文書庁に勤務したウマリーは,その経験をもとに20巻余の《諸国道里一覧Masālik al‐abṣār fī mamālik al‐amṣār》を著した。この書は〈土地〉と〈住民〉の2部からなるが,第1部は章ごとに各地の地誌を記し,第2部は宗派や歴史の解説に当てられている。…

※「《Masālik al-abṣār fī mamālik al-amṣār》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Masālik al-abṣār fī mamālik al-amṣār》の関連キーワードイスタフリーイブン・ハウカルイブン・ホルダードベバクリーモラレス魚雷艇井上咲紀マリークレア小幡記子林大介

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android