コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Okadaira Shell Mound at Hitachi》 OkadairaShellMoundatHitachi

世界大百科事典内の《Okadaira Shell Mound at Hitachi》の言及

【陸平貝塚】より

E.S.モースの弟子で大森貝塚の調査にも参加した佐々木忠次郎,飯島魁が,1879年に,霞ヶ浦に淡水貝類の調査に赴いた折にこの貝塚を発見し,発掘したもので,日本人の手になる発掘の第1号として有名である。この成果は大森貝塚の報告体裁を見本とし,《Okadaira Shell Mound at Hitachi》(1882)として刊行された。出土土器は厚手つくりで大型,隆線文等の特徴から陸平式・厚手式(縄文中期)と呼ばれて,大森貝塚の大森式・薄手式(縄文後期)といち早く区別され,当初は陸平式を新しく見たが,その後は是正された。…

※「《Okadaira Shell Mound at Hitachi》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Okadaira Shell Mound at Hitachi》の関連キーワード陸平貝塚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android