コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Physiologie du goût》 Physiologiedugout

世界大百科事典内の《Physiologie du goût》の言及

【ブリヤ・サバラン】より

…ディジョン大学で法律を修め故郷で弁護士となり,フランス革命前期までは国民会議議員や出身地の市長などを務め,法曹界・政界で活躍していたが,恐怖政治の際,亡命を余儀なくされ,ドイツ,スイス,アメリカを回り,コック見習い,フランス語教師,バイオリン弾きなど,余芸を生かしさまざまな職業を経験する。帰国後,駐ドイツ共和国参謀部の食卓係を経て,司法界に復帰,大審院判事として25年の余生を送り,その間に,法律関係の著作をものし,死の前年《味覚の生理学(美味礼讃)Physiologie du goût》を刊行した。粋人でありつつ,生涯独身を通したが,奇矯の人グリモー・ド・ラ・レニエールと対照的な良識ある教養人で,文学サロンに出入りし,モラリストのまなざしで,さまざまな人間を観察した。…

※「《Physiologie du goût》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Physiologie du goût》の関連キーワードブリヤ・サバランブリヤ=サバラン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android