コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Siddhānta-śiromaṇi》 Siddhantasiromani

世界大百科事典内の《Siddhānta-śiromaṇi》の言及

【バースカラ[2世]】より

…生地は現在のマイソール地方のビジャープル市である。36歳のとき《シッダーンタ・シローマニSiddhānta‐śiromaṇi》と総称される数学と天文学の四部作を完成した。そのうち《リーラーバティーLīlāvatī》と《ビージャガニタBījagaṇita》は,インド数学の二大分野であるパーティーガニタpāṭīgaṇita(既知数のみを用いる数学)とビージャガニタ(未知数を用いて行われる数学)をそれぞれ扱ったものである。…

※「《Siddhānta-śiromaṇi》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Siddhānta-śiromaṇi》の関連キーワードバースカラ[2世]四悉檀ブラフマグプタ悉達悉達多釈迦ビシュバナータニトリロトリ酢酸ウパニシャッドキレート滴定

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android