コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《T'oung Pao》 ToungPao

世界大百科事典内の《T'oung Pao》の言及

【コルディエ】より

…20代の長期中国滞在ののち1881年にパリ東洋語学校講師から教授(1888),学士院会員(1908)に進む。西洋の極東関係文献に通じ,《中国書誌》《日本書誌》《インドシナ書誌》のほか,マルコ・ポーロなどの中世旅行家の著作研究,東西交渉史研究にも多数の著書論文があり,また1890年以来,極東研究の専門学術誌《通報T’oung Pao》を編集刊行した功績は大きい。【川勝 義雄】。…

【中国学】より

東洋学東洋史学【礪波 護】。。…

【ドミエビル】より

…スイスのローザンヌに生まれ,イギリス,パリ,ハノイ,厦門(アモイ)で本格的な中国学と仏教学を修めたのち,東京の日仏会館研究生ついで館長を務めた。1930年にパリへ戻り,フランス国籍を取得,東洋語学校教授ついでコレージュ・ド・フランスの教授に任ぜられ,コルディエ等が創刊した東洋学の雑誌《通報T’oung Pao》を主宰し,門下に優秀な人材を輩出させた。著書に《ラサの宗論》《中国詩選》《臨済録訳注》等があり,主要論文を収めた《研究選集――中国学篇・仏教篇》が刊行されている。…

【ペリオ】より

…21年に学士院会員,35年にアジア学会会長となったほか,さまざまな学会,研究機関で重責を担った。シャバンヌを継いで,《通報T’oung Pao》の編集者となり(1920),コルディエ没(1925)後は,一人でその任にあたった。博学で,中国を中心に東南アジア,中央アジア,モンゴル,チベットなど諸地域の言語,文献,歴史,宗教,美術等に通じ,《敦煌千仏洞》6巻(1920‐26)はじめ,おびただしい数の論文・著書を発表して,世界の学界に大きな影響を与えた。…

※「《T'oung Pao》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone