《Tattvārthadīpanibandha》(英語表記)Tattvarthadipanibandha

世界大百科事典内の《Tattvārthadīpanibandha》の言及

【バッラバ】より

…のち結婚し,1518年に息子ビッタラナータViṭṭhalanāthaが生まれ,やがて世を捨てて遊行者となり,31年に没した。84点の著作を残したといわれるが,最も重要な著作は《ブラフマ・スートラ》に対する注釈《アヌ・バーシャAṇu‐bhāṣya》,《バーガバタ・プラーナ》に対する注釈《スボーディニーSubodhinī》,独立作品《タットバールタディーパ・ニバンダTattvārthadīpanibandha》およびそれに対する自注とである。彼はベーダーンタ学派の哲学に新しい解釈を与えて,ビシュヌ派系の一派バッラバーチャーリヤ派を創始した。…

※「《Tattvārthadīpanibandha》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android