コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《The Art of the Moving Picture》 TheArtoftheMovingPicture

世界大百科事典内の《The Art of the Moving Picture》の言及

【映画】より

…同じころ,他の芸術との対比において映画の独自性を強調し,証明する方向に向かっていったカニュードは,映画における演劇性,とくに演劇をフィルムに撮っただけのフィルム・ダール社の作品を映画の敵とみなし,〈エクラニスト〉,すなわち〈スクリーンの芸術家〉は,〈現実を自分の心の夢に形どって変形し,魂の状態を表現するために光を細工しなければならない〉と主張するに至るのである。
[映画における〈芸術的差別〉]
 アメリカにおける映画批評の原点として知られるN.V.リンゼーの《映画の芸術The Art of the Moving Picture》が出版されたのは,D.W.グリフィスの大作《国民の創生》が公開された1915年のことであった。詩人のリンゼーは,例えば映画館をピラミッドの玄室の暗やみにたとえたり,女優のメリー・ピックフォードをボッティチェリの絵の女に比較したり,映画を絵画や他の芸術とのアナロジーにおいてとらえ,映画の本質を〈アクション(動き)〉〈インティマシー(人情)〉〈スプレンダー(壮麗)〉という三つの要素に還元し,〈動きの映画は彫刻に動きを与えたものであり,人情の映画は絵画の動いたものであり,壮麗の映画は動く建築である〉と定義した。…

※「《The Art of the Moving Picture》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《The Art of the Moving Picture》の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))フリードランダーコーマンデミル(Cecil Blount De Mille)ペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)シャーカフスキーエマーソンチャップリンヒューストン(John Huston)バーニー(Matthew Barney)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android