コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Tractatus amoris》 Tractatusamoris

世界大百科事典内の《Tractatus amoris》の言及

【アンドレ・ル・シャプラン】より

…シャンパーニュ伯夫人マリーの宮廷付司祭を務めたらしい。若い友人にあてた指南書という体裁で,オウィディウスの影響の強い《恋愛論Tractatus amoris》を著す。第1部は恋愛の本質・発生に関する一般論に始まり,各階層の男女による恋愛討議を収める。…

※「《Tractatus amoris》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Tractatus amoris》の関連キーワード論理哲学論考メーヨー神学・政治論