コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Ver Sacrum》 VerSacrum

世界大百科事典内の《Ver Sacrum》の言及

【クリムト】より

…ウィーンに生まれる。1897年にゼツェッシオンを結成,さらに《聖春Ver Sacrum》誌を創刊して,ウィーンのユーゲントシュティール(アール・ヌーボー)の中心的存在となる。様式化された絵画作品は,金箔を使用した装飾性と平面構成によって,貴婦人の肖像画にイコンのような典雅な趣を与え,また官能的なモティーフの《接吻》《ダナエ》などや素描画のエロティシズムには,世紀末ウィーンの甘美で解体を孕(はら)む雰囲気が漂っている。…

※「《Ver Sacrum》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Ver Sacrum》の関連キーワード分離派(芸術革新運動)クリムト

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android