コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Vorstudien zur Topologie》 VorstudienzurTopologie

世界大百科事典内の《Vorstudien zur Topologie》の言及

【位相幾何学】より

…以上のように,位相幾何学は図形の位置と形相に関する直観に本質的に訴える幾何学といえるが,このことが位と相の幾何学,すなわち位相幾何学の名の由来である。
[トポロジー]
 位相幾何学はトポロジーとも呼ばれるが,これはギリシア語のtopos(場所)とlogia(学)に由来し,リスティングJ.B.Listing(1808‐82)の著書《トポロジーへの試論Vorstudien zur Topologie》(1847)にはじまる。リスティングはトポロジーを〈空間の中の点,線,面および位置について,量や大きさとは別の,形状,位置を示す法則を研究する学問〉と定義している。…

※「《Vorstudien zur Topologie》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Vorstudien zur Topologie》の関連キーワードミュラーチェコ文学東欧演劇ウェルトハイマーガイガーニーチェフィッカーヘンゲルリッターハートフィールド