「三島由紀夫」とはなにものだったのか

デジタル大辞泉プラスの解説

「三島由紀夫」とはなにものだったのか

橋本治による文芸評論。2000年、雑誌「新潮」の三島由紀夫没後30年を記念した臨時増刊号に掲載。三島由紀夫の作品の精緻な分析により天才作家の新しい像を描きだす。2002年に単行本化され、第1回小林秀雄賞を受賞した。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

「三島由紀夫」とはなにものだったのかの関連情報