「東京物語」

とっさの日本語便利帳の解説

「東京物語」

<名セリフ>
妙なもんだ。自分が育てた子どもより、言わば他人のあんたのほうが、よっぽどあたしたちによくしてくれた。(一九五三/日)
老妻と、東京の子どもたちに会いにきた周吉(笠智衆)が、やさしくしてくれた、戦死した次男の妻・紀子(原節子)に述べるねぎらいのことば

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

「東京物語」の関連情報